【ワーホリを考えている方は必見!】ワーキングホリデーに行くのにどのくらいのお金が必要なの?

f:id:yamachan0715:20180828103527j:plain

 

こんにちは。

メルボルン在住のちゃんみおです(@chanmio_trip)。

現在私はオーストラリアのメルボルンでワーキングホリデーをしています:)

 

オーストラリアといえば、物価が高いと有名ですよね。

その中でもシドニーと私が住んでいるメルボルン

オーストラリアの大都市であり、最も物価が高い都市です。

 

いざ、

 

「ワーホリをしてみたい!!」

 

と思っても、一番気になるのが予算ですよね。

 

「どのくらい語学学校にお金が必要なの…?」

「ホームステイするならいくら…?」

「保険代は…?」

 

今回は私がワーホリをするのにどのくらいのお金が必要であったのか

ご紹介していきます!

 

※私が申し込んだ2017年12月時点での為替87.79円=1AUD (オーストラリアドル)で計算してあります。

 

 

語学学校にかかった費用

f:id:yamachan0715:20180901140835j:plain

ワーキングホリデービザを適用すると

語学学校に最長4ヶ月まで通えます。

そのため、私は英語のスキルをできるだけ向上させたかったため

4ヶ月(17週間)通うことに決めました。

 

また、エイジェントの方に勧められて

General Englishという一般英語の授業に加えて、

自分の学びたいスキルに応じて授業選択ができる

Intensive classをとれるだけとりました。

 

よって、 

入学費用

20,200 円 (230 AUD)

 

授業料

38,628 円 (440 AUD) / 週×17週

から特別割引により22 AUD / 週 値引きしてもらい

36,697 円 (418 AUD) / 週×17週

623,840 円 (7,106 AUD) 

 

合計 644,040 円 (7336 AUD)

 

た、高い、、、、

 

改めてみるとこんなに値段が高かったんだと驚愕しています、、

メルボルンでも有名な語学学校を選択したのもあると思いますが、、

これも未来への自分への投資だ、、、

 

それにしても、、高い(二度目)

 

ホームステイにかかった費用

f:id:yamachan0715:20180901141716j:plain

私はホームステイをこれまで経験したことがなく、

 

「人生で一度ホームステイをしてみたい」

「本物のオーストラリアの生活を経験してみたい」

 

という思いから、1ヶ月のホームステイを決めました。

 

ホームステイは語学学校の方で手配をしていただいたので、

 

その

宿泊手配料金 

24,600 円 (280 AUD)

ホームステイ料金

27,040 円 / 週 (308 AUD) ×4週

計 108,200 円

合計132,800 円

うん。まあまあしますね。

いや、週308AUDって。高いわ。笑

でもこれも経験。

 

空港送迎

f:id:yamachan0715:20180901142640j:plain

初めての土地でさらに英語もままならない状態で

しかも大荷物を抱えた状態でホームステイのお家に一人で行くのに

不安があったので空港送迎もお願いしました。

 

17,560円 (200AUD)

 

というお値段。

 

 一人でも大丈夫!

一人で目的地まで挑戦してみたい!

 

という方には必要ありません。

海外送金手数料

海外送金手数料というものがエイジェントを介して

語学学校やホームステイを手配する際にかかり、

8000円

でした。

 

エイジェントの入会金

私はワーキングホリデー協会に入会し、

5000円とお手頃。

 

飛行代

f:id:yamachan0715:20180901143232j:plain

Photo by JESHOOTS.COM on Unsplash

私はメルボルンでの生活が始まるまでの1週間を

ゴールドコーストで滞在していたため

ブリスベン空港、ゴールドコースト空港経由で、

ブリスベンからゴールドコーストも近いためブリスベン空港を利用しました)

 

セントレア〜成田〜ブリスベン 57,120円

ゴールドコーストメルボルン 11,522円

 

計68,642円

 

ただ、飛行代はチケットを購入する

シーズンや為替によりかなり変動するので

参考程度に見ていただけると嬉しいです。

 

私よりも安く渡航できた方がいればコメントで

教えていただけるととても嬉しいです…!

 

保険代

f:id:yamachan0715:20180901143527j:plain

Photo by Fabian Blank on Unsplash

私はエイジェントの方が勧めてくれたAIG損害保険様の

 

・ワーキングホリデープラン9ヶ月

・歯科治療の補償を含まない

 

契約タイプ8Q2を申し込み、

194,680円

かかりました。

 

コチラにリンクを貼っておきます:)

 

留学・ワーホリ保険ならAIG損保

 

ビザ発行費用

 ワーキングホリデービザの発行に

38,627円 = 440AUD かかりました。

(※2018年7月には450AUDに値上がり)

 

それに加えてエイジェントへの手数料が発生し、

 42,180円 

 

合計金額

以上をまとめると、

①語学学校(入学金+授業料4ヶ月)
②ホームステイ1ヶ月
③空港送迎
④海外送金手数料
⑤エイジェント入会金
⑥飛行代
⑦保険代
⑧ビザ発行費用+手数料

 

合計1,112,902 円

 

まとめ

f:id:yamachan0715:20180901144510j:plain

以上が私がワーキングホリデーに行くのにかかった費用です。

 

適用するエイジェントや語学学校、

その時の為替の変動など、

様々な要因により金額は変化します

 

なので、今回の私の経験も一つ材料として

ワーキングホリデーの準備をしていただけたら幸いです;)

 

人生で一度きりのワーキングホリデー。

 

しっかりお金も準備して、

思う存分楽しんじゃいましょう(*'ω'*)

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました!

 

これからも引き続き記事をどんどん更新していきますよ〜

コメントもお待ちしておりますっ

 

それでは!

see ya~