【女子一人旅@タイ】【祝】初めてのバックパッカーに挑戦。学んだこと。

f:id:yamachan0715:20181210154341p:plain
 

こんにちは。

現在オーストラリアのゴールドコーストでワーキングホリデー中の

Chanmioです。

 

実は、私、ワーキングホリデーの前に

約1週間タイに行ってきました。(2018/3/2~2018/3/8)

 

バックパック一つで。

女子一人で。

 

完全に見切り発車の旅で

なーんもプラン立てずに行ったけど、

なんとかなるもんですね。

生きて帰ってこれました。

 

 

今回は当時バックパッカーに至るまでの経緯と

タイで見たものを軽くご紹介、

バックパッカーひとり旅で学んだことをシェアしたいと思います。

 

 

 

 

なぜタイ?

f:id:yamachan0715:20181210162848p:plain

皆さん、株式会社TABIPPOはご存知でしょうか?

 

全員が世界一周を経験したメンバーが学生時代に作った団体がTABIPPOです。 設立して4年経った、2014年4月に株式会社になりました。「旅で世界を、もっと素敵に」を理念として、 さまざまな活動をしています。

 

と、旅が大好きな方々が、もっとたくさんの人に旅の素晴らしさを知ってほしい

という思いから設立された団体です。

 

そのTABBIPOさんが2018年1月に、『タイ旅行プランコンテスト』を開催していたのです。

そして、それに当選すれば、なんとバンコク3泊5日の旅が無料で行けるとかなんとか。

 

こんなプロジェクトを目の前にして、

挑戦しない理由がない!

 

ということで、プランコンテストへの応募を決めました。

 

そして、なんとか1次審査を通過。

 

これは、行けるかもしれない…!

 

という思いとは裏腹に、2次審査はネット投票が審査の基準だったのですが、

やはり、私と同様にコンテストに応募している方たちは

ネット投票で周りを巻き込む力がすごい。

 

親や友達に呼びかけては見たものの、

 

2次を通過することは残念ながらできず、

タイに無料で行くことはかないませんでした・・・

 

tabippo.net

bpf.tabippo.net

 

が、ここで思ったのが、

 

せっかくプランを立てたのだから

自分がたてた旅行プランを実行したい!!!

 

しかも、タイでTABBIPOさんが主催のイベントが行われるということで、

 

楽しそう・・・!

行ってみたい・・・!

 

という気持ちが強くなり、

タイ行きを決めました。

 

ちなみに旅行券を購入したのが

出発の2、3日前。笑

 

しかも券を購入後に親へ報告。笑

 

本当に迷惑な娘ですよね。

 

 

旅行プラン〜ホワイトプラン

f:id:yamachan0715:20181210162036j:plain

 

私が企てたプラントは、名付けて、

ホワイトプラン

 

私はツアーのパックが苦手で。

 

というのも、

 

・時間に縛られて行動するのが苦手

・自由気ままに行動したい

・実際に行けば必ずハッとするものがあるはずだ

・有名な場所以外にもローカルな穴場も行ってみたい

 

という思いがあるからです。

 

特に、

 

「実際に行けば必ずハッとするものがあるはずだ」

 

については、好きなものかもしれないし、嫌いなものかもしれないけれど、

せっかくの自分の人生の時間、自分の気持ちのままに動きたいなあと。

 

もうこの場所はいいや、と思ったら次の場所に行く

 

もっとこの場所にいたい、と思ったら、満足するまでその場所にいる

 

そんな自由な旅をしたいな、ということで、

このホワイトプランは、いつ、どこに行く、という計画は一切立てず、

その場の感情のままに旅をする、というとても自由のプランです。

 

そして、自身の感性のままに行動できます。

 

その際、真っ白なノートを準備し、

行動した結果を全て記録していきます。

 

旅が終わった暁には、

 

自分の旅の記録が真っ白だったノートに埋め尽くされている

 

というホワイトプラン

 

なんだかワクワクしてきませんか?

 

ということで、真っ白なノートを無印良品で購入。

いつもお世話になっております。ありがとう、無印様。

 

 

 

人生で初めてバックパックを購入

 

バックパッカーになくてはならないものが、

バックパックですよね。

 

ドキドキしながらも

買いに行きました。

 

1週間ほどのタイの滞在。

それほど荷物も多くないだろう、ということで、

Colemanのリュックを購入。

 

ポケットがたくさんついていて、

カジュアルなシーンでも使える良品。

 

バックパッカーを終えた後でも

ずっと使っています。

 

お洒落だし、使いやすいし、

たくさん入るし、とてもいいです。(語彙力)

 

Colemanさん、このリュックを作ってくれてありがとう。

 

  

 

いざ、タイへ。

 

1日目

f:id:yamachan0715:20181210172049p:plain

・1日目の早朝出発

・北京空港で13時間トランジット

・深夜便でバンコク

 

2日目

f:id:yamachan0715:20181210171626j:plain

チュクチャックマーケット


・2日目の早朝にタイ到着

・チュクチャックマーケットへ(タイ人の友人曰く現在は閉鎖されたとか何とか…?)

・夜に一人旅の目玉であるBackpackFESTA@タイに参加

 

かなりの熱量を持った若者がたくさんいました。

こんなに熱い日本人がこんなにもいるのなら、

今後の日本もまだまだ捨てたもんじゃありません。(誰)

 

楽しそう!と自分自身が思う場所には、

自分と同じように楽しそう!と思う人たちが集まる。

 

そんな場所に自分で行動していけば、

いい出会いがあるに決まっています。

 

 

3日目 

f:id:yamachan0715:20181210165658j:plain

カオサンロード



・昼くらいからフラフラ~と行動

バックパッカーの聖地カオサン通りで一人旅の少年に出会い行動をともに

・youtuber兼芸人さんに出会い行動をともに

 

という、なんとも桃太郎みたいな体験をしました。

これもひとり旅の醍醐味。

 

 

4日目

f:id:yamachan0715:20181210171519j:plain

ワット・ポー


・朝から昨日で会った少年と観光

・さらにひとり旅の少年に出会い行動をともに

 

ワット・ポー

住所:2 Sanam Chai Rd, Khwaeng Phra Borom Maha Ratchawang, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200 タイ

電話番号:+66 2 225 9595

公式HP:http://watpho.com

 

 

5日目

f:id:yamachan0715:20181210172209j:plain

タラートロットファイ・ラチャダー・マーケット

 

・ゲストハウスで出会った女の子2人と行動をともに

・夜はタラートロットファイ・ラチャダー・マーケット(通称キラキラマーケット)に人が人をよんで合計8人で行きました

 

 住所:Ratchadaphisek Rd, Khwaeng Din Daeng, Khet Din Daeng, Krung Thep Maha Nakhon 10400 タイ

電話番号:+66 92 713 5599

営業時間:17pm〜1am

 

 

6日目

f:id:yamachan0715:20181210173104j:plain

ゲストハウス近くにあったカフェ

・ゲストハウスの女の子と朝食

・のんびーりゲストハウスで過ごし、帰国。

 

旅行に行ったときには、なんとかしていいことを経験しなきゃ!

いつも何かしなきゃと頑張っていた私でしたが、

 

宿でのんびりゆっくり時間を過ごすだけでも

すごく心地いいんだ、という体験を初めてしました。

 

こういう生活の仕方もいいですよね。

 

朝食で行ったカフェの詳細情報

f:id:yamachan0715:20181210175845j:plain

Cinema Winehouse 

住所:61 Samsen Rd, Wat Sam Phraya, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200 タイ

電話番号:+66 96 465 6526

営業時間:月〜日12pm〜0am

 

 

7日目

・上海空港でトランジットに失敗たものの便を変えてもらってなんとか帰国。

 

一人旅で学んだこと

 

 一人で行動することが結構好きな私ですが、

そんな私でも、 

 

一人の時間も必要だけど、

ずっと一人は寂しい!!!笑

 

結論、これ。

 

楽しさを共有できたり、

同じ目的に向かって行動している仲間がいた方が

一人でいるよりも何倍も楽しい

(何度も言うが一人の時間も大切。)

 

そして、

 

・人と会って話す

・同じ時間を共有する

 

ことで充実感が増す。

 

一人よりも二人、

二人よりも三人って、

どんどん人を巻き込んで楽しいことを作ることの

楽しさを学ぶことができました。


ひとり旅なのに、人といた時間の方が断然長かったからね。

 

 

あとは、自由に自分の赴くままに、我慢せず制限をかけずに行動するためには、

やっぱりお金は大事なんだなって思いました。

 

お金がすべてじゃないけど、

お金がないとできないことがたくさんある

 

自由にやりたいことをやるためには

お金が必要で。

 

お金を言い訳にやりたいことをやらないことにしたくない。

 

好きな場所で好きなことをするためには

お金がたくさん必要であることに気づきました。

 

これで、働くための目的のひとつである

稼ぎを得る、ため行動力の源ができた気がします。

 

 

まとめ

f:id:yamachan0715:20181210175935j:plain

ワット・パクナム

以上をまとめると、今回の一人旅で得た気づきは2つ。

 

・周りを巻き込み、みんなで時間を共有する楽しさ

・好きなことをするためにはお金が必要

 

タイに一人旅。

行って良かった。

 

一人一人、感じるもの・得るものは全然違う

わたしにとってはこんな感じの旅。

 

 少々雑な概要だったかもしれませんが、

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

何か質問等あればいつでも受け付けていますので

コメントしてください。

 

また一つ一つのタイの詳細についても今後書いて行きたいな、と思ってます。

 

 

ワーホリの語学学校でもタイ人の友人がたくさんできたので、

その子たちとタイで再開するのが夢のひとつ。

 

それではまた次回:)