徹底大解剖!ケンブリッジ英語検定とは一体どんな試験?

f:id:yamachan0715:20180826133510j:plain

こんにちは:)

現在オーストラリアのメルボルンでワーキングホリデーをしている

ちゃんみお(@chanmio_trip)です。

 

ついこの間(2018年8月23日)、ケンブリッジ英語検定の一つであるFCE試験を終え、

ついに、語学学校の10週間に渡るFCEコースの授業を終了し、

修了証を受け取ることができました!

 

結果発表は少なくても1ヶ月はかかるので

それまでは受かったかどうかソワソワして待っている状況です(´ω`;)

 

ところで、皆さんはケンブリッジ英語検定というものをご存知でしょうか?

 

私はオーストラリアの語学学校に通い始めるまで

その存在を全く知りませんでした。

 

日本にいるときは

 

TOEICTOEIC!」

 

という状況であった私は

 

ケンブリッジ?FCE?なんだそれ?」

「IELTSでもなくTOEFLでもなく?」

 

語学学校の先生曰く、

 

ケンブリッジ英語検定コースの授業はハードだけど

英語のスキルアップを図るのには最適な環境よ」

 

ということで、ケンブリッジ英語検定のコースに挑戦してみることにしました。

 

でも、インターネット上ではケンブリッジ英語検定についての

情報が全然出回っていません。

 

そこで、ケンブリッジ英語検定とは一体どんな検定なのか

私の経験とともにお伝えしていきたいと思います!

 

 

ケンブリッジ英語検定とは?

f:id:yamachan0715:20180824165057j:plain

ケンブリッジ英語検定(Cambridge Examination)とは、

ケンブリッジ大学(Cambridge English Language Assessment)が実施している検定で、

就職活動や、大学等高等教育機機関への留学・入学に

英語の能力を証明するものとして

世界中の20,000を超える大手企業、組織団体、教育機関に認められています。

  

TOEICはリーディングとリスニングだけなのに対して

 

ケンブリッジ英語検定は、

 

・リーディング

・スピーキング

・リスニング

・ライティング

 

の英語の4技能で構成されていて、

英語の総合力の底上げとしても

効果的な試験と言えます。

 

ケンブリッジ英語検定のレベルは?

 

ケンブリッジ独自のアプローチでは、明確な上達の道筋が示され、継続的な向上を目指すことが推奨されています。ケンブリッジ英語検定は全て、言語能力評価の国際指標であるヨーロッパ言語共通参照枠 Common European Framework of Reference for Languages (CEFR) に準拠しており、スピーキング、ライティング、リーディング、リスニング技能の習得に役立ちます。

 

CEFRとは、言語の枠や国境を越えて、外国語の運用能力を同一の基準で図ることができる国際基準で、A1、A2、B1、B2、C1、C2の6段階に分かれています。

もっと詳しく知りたい方はこちらのリンクへとうぞ↓

CEFRについて|資格・検定試験 関連情報[英語4技能試験情報サイト]

 

ケンブリッジ英語検定は日本でよく知られている英検のように

レベル別で試験が行われ、TOEICのようにスコアで結果が出るのではなく、

試験に合格か、不合格か、というややシビアなテストになっています。

 

そして、下の図のように5段階でレベルが別れていて、

様々なレベルの人が個々の英語の能力を測ることのできる試験となっています。

 

f:id:yamachan0715:20180826101210j:plain

 

ちなみに私はその中でも最も受験者の多いFCEに挑戦しました!

FCEに合格すれば、就職活動や大学入試にも使用できるほど

英語能力を証明できるレベルです。

 

 

ケンブリッジ英語検定の期限は?

日本でよく知られているTOEICやIELTSはスコアを取得してから

その証明書を使用できる期限は2年間と定められています。

 

それに対して、ケンブリッジ英語検定は取得してしまえば

無期限で使用できるのです。

 

一度合格してしまえば一生使うことのできる証明書ってすごくないですか?

 何度も取り直す手間がなくなり便利ですよね。

 

 ケンブリッジ英語検定の費用はいくらかかるの?

単刀直入にいうと、高いです。

私はオーストラリアで試験を受けたのですが、

 

350ドル

日本円にすると28,525 円(2018/08/26時 81.5 円 / AUD )

 

かかりました。

た、高い…

 

ちなみに他の試験はこのような費用になっています。

TOEIC:5725 円

IELTS:25,380円

TOEFL iBT:26,085 円(2018/08/26時 111 円 / USD )

 

ただ、語学学校を経由して受けると、

ある程度長い期間語学学校に通っている生徒は

それなりの授業料を支払っているので

試験費用が免除されていました。

 

私は4ヶ月しか語学学校に通わないので

免除されることはありませんでしたが…泣

 

でも、この試験を受けるまでの試験対策や

試験を受けた、という経験はかけがえのないものとなります。

 

大事なのは費用よりも経験ですよね:)

 

まとめ

以上がケンブリッジ英語検定についての基礎情報でした。

また何か知りたいことがあればどしどしコメントしてください!

また下にも参考にしたHPリンクを貼っておきます;)

 

皆さんも是非ケンブリッジ英語検定に挑戦してみませんか?

 

ここまで読んで頂いてありがとうございました。

ではまた:)

see ya~

 

〈参照HP〉

CPE / CAE / FCE | ケンブリッジ英語検定

ケンブリッジ英語力検定試験(Cambridge Examination)について

Cambridge Assessment English

英語4技能試験情報サイト|英語4技能 資格・検定試験懇談会