【オーストラリアワーキングホリデー】語学学校に通った期間と費用を大公開!

f:id:yamachan0715:20190102140008p:plain

こんにちは。

現在オーストラリアのゴールドコーストでワーキングホリデーをしているchanmioです。

 

ワーキングホリデーといえば、

 

・語学学校

・仕事探し

・部屋探し

 

これらが大きなキーワードとして挙げられると思います。

 

その中でも語学学校には初期費用がかなりかかり、 特に慎重になりますよね。

 

どのくらいの期間通うべきか?

費用は?

エージェントを介すのか?

 

分からないことだらけです。

 

今回は、私の経験を元に、どのような流れで私が語学学校を申込んだのか、

金額、期間等をご紹介していこうと思います!

 

 

語学学校の申込みはエージェントで

f:id:yamachan0715:20190102140243j:plain

私は日本にあるワーキングホリデー協会というエージェントを介して

ワーキングホリデーの準備を進めていきました。

 

私のワーキングホリデーの大きな目的の一つとして

 

英語力の向上

 

を挙げていたので、

それにコミットできるような語学学校、

つまり、語学力向上に功績のある語学学校を勧めてもらい、

(簡単にいうと人気のある語学学校)

その語学学校に決めました。

 

ちなみに私はメルボルンにあるEmbassy English Schoolに通っていました。

 

www.embassyenglish.com

 

語学学校に通った期間

f:id:yamachan0715:20190102140351j:plain

私が語学学校に通った期間は4ヶ月です。

 

その理由として、

 

・ワーキングホリデービザの場合、語学学校に通うことができるのは最長4ヶ月だから

・最大限に自分の語学力を向上させたかったから

 

という理由と、

エージェントの方に勧められたから、という理由あります。

 

ただ、よく考えると

エージェントさんが長期間の語学学校を勧めるのは当たり前なんですよね。

 

なぜなら、


・私自身のワーキングホリデーの目的が語学力UPがメインだから

・エージェント側に仲介料が多く入る

 

そんな私が実際4ヶ月通った率直な意見としては、

 

4ヶ月は長い

 

です。

 

しかし、語学学校を申し込んだ当時の私は

英語の勉強を頑張るぞ、と意気込んでいたため、

4ヶ月勉強を頑張り抜く…!

という気持ちで一杯でした。

 

それに対して、実際通ってみると、やはり人間。

慣れてくると中だるみとかそういうものが

襲ってくるのですよね。

 

3ヶ月は維持できました。

 

しかし、3ヶ月を過ぎたあたりから

「もうお腹いっぱいかも…」

 

という気持ちに。

 

語学学校は途中で期間を伸ばすことが可能です。

なので、私は3ヶ月語学学校に通い、その後期間を伸ばすか、

そのまま卒業するか、現地で決めることをお勧めします。

 

 

語学学校のコース

f:id:yamachan0715:20190102140535j:plain

語学学校は大きく

 

・通常コース(General English)

・資格コース(Exam Cource)

 

にわかれていて、私は通常コースを4ヶ月間(17週間)申し込みました。

さらにそのコースとともに、

自分の苦手なスキルや学びたいスキルを選んで授業を受けることができる

インテンシブコースも取れるだけ申し込みました。

 

ということは、それだけ費用もかかるという事ですね。

 

※実は現地で通常コースから10週間の資格コースにトライできる仕組みがあり、私はその資格コースに10週間滞在していました。なので、金額は変わらないけれども正確には7週間通常コース、10週間資格コースで勉強していたことになります。

 

語学学校にかかった費用

f:id:yamachan0715:20190102140633j:plain

私は語学学校に4ヶ月(17週間)通うことにしたので、

入学費用

20,200円(230AUD)

 

授業料

38,628 円 (440 AUD) / 週×17週

から特別割引により22 AUD / 週 値引きしてもらい

36,697 円 (418 AUD) / 週×17週

 

計 623,840 円 (7,106 AUD) 

 

合計

644,040 円 (7336 AUD)

 

高い。

学校で勉強するということはそれなりにお金がかかるということですね。

 

さらに、語学学校を申し込む際、

金額がAUDと日本円の為替によって変動するので、

注意が必要です。

 

また、私は年明けに申し込んだのですが、

年々語学学校の金額が上昇するらしく、

年が明けてからの金額は高くなってしまうので

 年末までにお金を振り込むことをお勧めします。

 

ワーキングホリデーにかかった初期費用の合計額は

こちらの記事で紹介しています↓

www.changemylife.love

 

語学学校のメリット

f:id:yamachan0715:20190102140721j:plain

 語学学校には沢山のメリットがあります。

 

・外国人の友達を作ることができる

・英語を英語で学ぶことができる

・同じような志の仲間に出会うことができる

・ネイティブの先生に直接教えてもらうことができる

・集団討論など、自分の意見を主張する練習をすることができる

・日本以外の文化に沢山触れることができる

 

特にこの中でもやっぱり、

 

外国人の友達を作ることができる

 

が一番のポイントです。

 

語学学校に通っている子はみんな母国語が英語ではありません。

みんな、英語を伸ばしたい、という思いで学校に通っています。

そして、みんな同じような悩みを抱えています。

 

英語を一緒に勉強しつつ、遊びつつ、悩みを打ち明ける。

 

語学学校を卒業した後も、仕事がない日や

何かイベントごとがある際には一緒に出かけたり

ランチをしたりBBQをしたりしました。

 

現在も連絡を取っており、

今後はお互いの国で会おうね、なんて話したりしています。

 

そんな今後も連れ添うことのできるような友達が世界中にいるなんて、

素敵じゃないですか?

 

語学学校のデメリット

f:id:yamachan0715:20190102140913j:plain

語学学校のデメリットは、

 

・長時間学校に拘束される

・発言できないと置いてかれる

・クラスによって生徒のモチベーションが異なる 

・単調で退屈になってしまう

 

英語は言語なので、発言するのは当たり前だとは思いますが、

私はこれがすごく苦手でした。

 

本の学校の授業でさえも手をあげて発言することが苦手だったのに

それを英語でするなんて・・

 

と思ってしまっていました。

 

しかし、これも慣れるもので少しづつでいいので

一言一言発言数を徐々に増やしていけばいいのかなぁとも思います。

 

また、クラスによって授業の雰囲気がだいぶ変わります。

 

語学学校にも定評のある先生と、そうでない先生がいるもので、

それによって生徒のモチベーションが違っていたり、

そもそもクラスの生徒のモチベーションが低かったりと色々あります。

 

もし、クラスが合わないな、と思ったら

クラスを変更することも可能なので、

その際には語学学校の先生に相談することが賢明です。

語学学校でどのくらい英語力が伸びたのか

f:id:yamachan0715:20190102141125j:plain

語学学校では初日に学力テストがあり、

その能力によってクラスが振り分けられます。

 

語学学校は、

 

初初級(Beginner)

初級(Elementary)

初中級(Pre-Intermediate)

中級(Intermediate)

中上級(Upper Intermediate)

上級(Advance) 

 

と学力別でクラスが分かれており、

私は中級(Intermediate)クラスから始まりました。

 

そして、この中級以上にいれば、ケンブリッジ検定コースを受講することのできる資格が与えられており、途中そのケンブリッジ検定コースを受講し、

卒業する頃は中上級(Upper Intermediate)でした。

 

語学学校に通い始めた当初は

右も左もわからず、ただ周りの学生が話している英語に

相槌を打つばかりでしたが、

1ヶ月、2ヶ月と通い続けていると

だんだん語学学校の生活にも慣れてきて

授業でもだんだん発言できるようになっていきました。

 

一人一人の語学力は異なるため、

周りと比べる必要は全くありません。

今の自分の語学力と照らし合わせて

それにあった勉強をしっかりこなせば

語学力は着実に向上すると思います。

 

ワーキングホリデーは十人十色

f:id:yamachan0715:20190102141448j:plain

語学学校で出会ったワーキングホリデービザの韓国人の子は2ヶ月通い、

その後現地で働きお金を貯め、

また後日資格用のコースを受けるために語学学校に通い直す、

と考えている子もいました。

 

また、語学学校に通っているほとんどの子は

学生ビザで語学学校に通い、

卒業後ワーキングホリデービザに切り替える、という子が多かったです。

 

また、資格検定コースにいた際には

1年語学学校に通う、という子が多く、

その子たちは将来の仕事大学受験を見据えて勉強をしていたため

意識も高く、かなり刺激を受けました。

 

このように、どのような目的で語学学校に通っているのかが一人一人異なります。

 

語学学校について考えるのに大切なのが、

 

・なんで語学学校に通いたいのか?

・語学学校に通って何を得たいのか?

・語学学校を卒業する頃にはどうなっていたいのか?

 

を考えてみることです。

 

しっかり自分自身が目的意識を持ち、一つ一つの選択することで

より有意義なワーキングホリデーにすることができます。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

 

分からない点や、もっと知りたい!という点があれば

是非コメントよろしくお願いします。

 

有益だったらシェアしてもらえると嬉しいです!

 

人生で1度きりのオーストラリアワーキングホリデー。

悔いの残らないようにしていきましょう:)

 

ではまた次の記事でお会いしましょう!