【オーストラリアワーキングホリデー】ローカルジョブをゲットしたときのハナシ。

f:id:yamachan0715:20190104152732p:plain

こんにちは。現在オーストラリアのゴールドコーストでワーキングホリデーをしているchanmioです。

 

 

私はこれまでメルボルンゴールドコーストの2都市で生活をしてきました。

 

ワーキングホリデーといえば、現地でのお仕事ですよね!

私はメルボルン

 

・ジャパニーズレストラン

・ローカルカフェ

 

の二店舗で働いていました。

 

仕事探しどうやってやるのだろう…

せっかく現地で働くのだからローカルのお店で働きたい!

レジュメ配りを直接いかなきゃいけないって本当…?

 

そんな風に思いますよね。

 

それに、オーストラリアのメルボルンといえば

ストリート沿いに並んでいるローカルカフェ!

 

今回は、

 

・どうやって私がローカルカフェをゲットしたのか

・働いて感じたこと

 

をお話ししていこうと思います!

 

 

 

レジュメ作成

f:id:yamachan0715:20190103164046j:plain

まずはレジュメ作成

日本から持ってきたノートパソコンを開き、ワードをカタカタします。

 

ちなみにローカルカフェをゲットした際は以下のようなレジュメでした。

 

f:id:yamachan0715:20190104153429j:plain

f:id:yamachan0715:20190104153450j:plain





 

 

いざ、レジュメ配り

f:id:yamachan0715:20190104150801j:plain

メルボルンシティの至るカフェに出向いては

レジの店員さんに

 

I'm looking for job. (私は仕事を探しています)

 

Is there avairable to work here? (ここで働けますか?)

または、

Is it possible to work here? (ここで働くことは可能ですか?)

 

と話しかけます。

 

個人的にはIs there avairable to work here? (ここで働けますか?)の言い回しが

しっくりきました。

 

なぜなら、働けるかどうかの大きな基準が、

人手に空きがあるか、そう出ないのか

だからです。

 

だから、avairable「空いている」という単語がしっくりきます。

 

※英語のプロではないため、違う意見や付け加えがある場合コメントいただけると嬉しいです。

 

お店には店長(オーナー)がいる時といない時があります。

オーナーがいない時は、店員さんがレジュメをオーナーに渡しておくね、と

受け取ってくれます。

 

ただ、その場合直接連絡待ちになり、長期戦に持ち込む可能性が高いです。

 

なので、レジュメを渡しに行く際には、

 

Is there an owner here? (店長さんはいますか?)

I would like to talk with owner. (店長さんとお話ししたいです。)

 

と添え、直接オーナーさんにレジュメを配り、アピールできるチャンスを作りましょう。

いなければ、オーナーがいる日時を教えてくれる場合もあります。

 

私がローカルジョブをゲットした時は、

丁度レジにいた店員さんが、オーナー

そして、丁度人手を欲していたタイミング

 

ラッキーにラッキーが重なりました

 

その後、すぐにカフェ内の机に移動し、面接に移りました。

 

 

面接

f:id:yamachan0715:20190104150957j:plain

面接では、まずはレジュメを見せ、

オーナーが私のビザの種類期限スキル経歴を確認。

 

その際に見られたのが、

これまで飲食で働いていた経験があるかどうか?でした。

 

「私がこれまで英語で働いた経験がないから少し不安だ。」

 

と言ってしまったのですが、

(面接で自信のない発言をするのは良くないです。反省。)

 

日本で働いていた経験もしっかり見てくれていました。

 

さらに、どのくらいの期間働けるのか、もかなり重要なポイントです。

 

ワーキングホリデービザだと、同じ雇用主のもとで最長6ヶ月まで働くことが可能です。


働ける期間が長い人と短い人で比較した場合、長い方を採用したくなりますよね。

短期間だとせっかく仕事ができるようになってもすぐにいなくなってしまうのですから。

 

ビザの期限をしっかり明記し、

あなたの元でこれだけ働けますよ!

ということをちゃんとアピールしましょう。

 

さらに、そのカフェで働いている人もオーナー以外は母国語が英語でない人ばかりだったので、そういう環境の方が採用されやすいです。

 

レジュメを出す際にも、働いている店員さんの国籍をチェックし、

オーナーがネイティブスピーカー以外の人も採用しているかどうか

も自身が採用されやすいか否か知る基準になるでしょう。

 

とは言っても、実際にはネイティブスピーカーの方に囲まれて

働いている日本人の方もいらっしゃるとは思うので、

やって見ないとわからないのが現実ですね。

 

トライアル

f:id:yamachan0715:20190104152344j:plain

トライアルは2時間ほど。

働いている他の韓国人とインド人の方も気さくに話しかけてもらえ、

かなりフレンドリーな環境でした。

 

お皿洗いと、お客さんが食べたお皿を片付ける仕事を終え、

トライアルは終了。

 

 

そして採用となりました。

 

働いて感じたこと

f:id:yamachan0715:20190104152447j:plain

先ほども記述したように、

他の働いている方にはかなりフレンドリーに接してもらえ、

オーナーの方ともぎこちなくともコミュニケーションを取りながら

仕事ができていたと思います。

 

カフェの環境としては、ディッシュウォッシャーから始まり、

長く働き、レジ担当や商品の受け渡し担当のポジションがあけば

そちらのポジションに移動、という流れになっていました。

 

これは、メルボルン(オーストラリア)にある一つの例にしか過ぎませんが、

ポジションが空けば、お客さんとよりコミュニケーションの取れるようになります。

 

私はその前にやめてしまったのでそれほどお客さんと関わることなく終えてしまいましたが・・・

 

英語の上達にはより英語に触れることがとても大事だと思うので、

やはり英語環境に自分の身を置くことは語学力UPにかなり貢献すると思います。

 

終わりに

f:id:yamachan0715:20190103164625j:plain

ここまでご覧いただいてありがとうございました。

今回は、私がオーストラリアのメルボルンでローカルジョブをゲットするまでの道のりを詳しく書かせていただきました!

 

このお店の他にも、

 

・レジュメを渡した他のカフェから2〜3ヶ月ほどしてから返事がきた

・ルームメイトの子が働いているカフェの人手に空きが出る

・お店側の欲しい時間帯に私が働くことが可能であればトライアルできた

 

チャンスはいくつかありました。

 

ネット経由で仕事探しをすることがだんだん主流になりつつありますが、

直接お店に出向くことで新たなチャンスを手に入れることができます。

 

当時は怖過ぎて心臓がバクバクでしたが、

何度もトライすることでだんだん慣れていきました。

 

怖いのはあなただけではありません。

大丈夫です!

 

何か他に気になる点やわからないことがあればお気軽にコメントしてください♪